PR

ライフ ライフ

天王寺動物園 行方不明のアシカの赤ちゃん見つかる

1日朝、見つかったカルフォルニアアシカの「キュッキュ」 =1日午後、大阪市・天王寺動物園(柿平博文撮影)
1日朝、見つかったカルフォルニアアシカの「キュッキュ」 =1日午後、大阪市・天王寺動物園(柿平博文撮影)
その他の写真を見る(1/7枚)

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)は1日、先月27日から行方不明になっていたカリフォルニアアシカのキュッキュ(雌、生後3カ月)が敷地内の下水管で見つかり、無事保護したと明らかにした。これから健康状態を調べるが、元気な様子だという。

 同園によると、飼育員が1日朝、アシカ池近くの下水管から鳴き声がするのに気づき、午前10時10分ごろに、池から約50メートル離れたマンホールの中にキュッキュがいるのを発見。飼育員2人で網を使うなどして下水管から引き上げた。

 キュッキュは体長約80センチ、体重8・5キロ。先月26日に池の水を入れ替えてから、行方が分からなくなっていた。直径約30センチの排水口カバーが外れており、下水管の方へ通り抜けてしまったとみられる。

 牧慎一郎園長は「本当にほっとした。動物の生命力はすごい」と喜び、「心配をおかけして、反省している。排水口カバーを固定するなど、再発防止策をしっかりとりたい」と話した。

 キュッキュはアシカ池とは別のプールで保護しており、健康状態に問題がなければ展示を再開する。

 キュッキュがアシカ池で最後に目撃されたのは、水を入れ替える前の9月26日午後4時ごろ。その約1時間半後、飼育員が排水口カバーが外れているのに気づいたが、そのときは頭数を確認しなかった。翌27日午前11時ごろに、キュッキュがいないことが分かり、下水管を中心に連日捜索していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ