PR

ライフ ライフ

【就活リサーチ】先輩に聞いたストレス対処法

■まず内定1社/気晴らしにヨガ/自分だけ、と思わない

 いくら売り手市場とはいえ、希望通りに納得して就職活動を終えられた人は多くはありません。ときとしてストレスを抱えながら活動しなければならないこともあります。就活で大変だと感じることは多岐に及びます。

 ストレスは普段の生活が変化することで起こることがあります。個人差はあるものの、就活は大きな変化です。何社ものエントリーシートの記入や会社説明会参加、と急に忙しくなり、疲れてしまうこともあります。また、努力したにもかかわらず、選考で不合格になると落ち込むかもしれません。ほかの学生の進捗(しんちょく)状況を聞いて焦ったり、周りからの期待をプレッシャーに感じたりすることもあり、計画通り進めることができないと、ストレスに感じます。

 「情報量が多すぎてどうしたらよいのか分からず焦った」「自分を知らない相手に面接で一方的に評価されることがストレス」「絶対に大丈夫だと思っていた企業の面接に落ちて何日もふさぎ込んだ」などの声から分かるように、さまざまな場面でストレスに直面します。

 就活がうまくいった人も、ストレスを抱えています。「就活は順調に進んでいたが次第にプレッシャーを感じた」「志望していない企業の選考が次々に進み、交通費がかさんでしまい、生活費が尽きた」「内定先を1社に絞り込むとき、お世話になった担当者の方々の顔が浮かび、苦しくなった」などの声が聞かれました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ