PR

ライフ ライフ

天王寺動物園のアシカの赤ちゃん 行方不明

行方不明となっている天王寺動物園のカリフォルニアアシカのキュッキュ(天王寺動物園提供)
行方不明となっている天王寺動物園のカリフォルニアアシカのキュッキュ(天王寺動物園提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大阪市天王寺区の天王寺動物園は27日、飼育していたカリフォルニアアシカのキュッキュ(雌、3カ月)が行方不明になったと発表した。アシカ池の排水口から下水管へ入り込んでしまった可能性があるという。

 同園によると、26日夕方にアシカ池の水を入れ替えるため排水し、その後に水を補充した際、排水口のカバーが外れていることに気づいた。

 翌27日午前11時ごろ、飼育員がトレーニングのためにアシカ池に行ったところ、キュッキュの姿が見当たらなかった。前日の排水前におやつをあげたときには、池にいたことが確認されている。

 排水口は直径30センチ。キュッキュは体長約80センチ、体重8.5キロで、排水口を通り抜けることができたとみられる。

 飼育員らで下水管を含めて探したが、見つからなかったといい、同園は28日も捜索を続ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ