PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】国連軍縮担当上級代表(事務次長)・中満泉(56)(12)国際協調促進が日本の役割

中満泉さん(野口正博撮影)
中満泉さん(野口正博撮影)

 〈内閣府が今年実施した調査では、海外留学を希望する若者は約3割。諸外国に比べて「内向き志向」が指摘される日本の若者へのメッセージは〉

 今、日本では「頑張る」「一生懸命」といった言葉は歓迎されないと聞いたことがあるんですけど、若い時期に、一生懸命頑張っていろんなことを勉強したり努力したりすることはすごく良いことです。それが自信につながる。自分はできるんだと自分自身を信じてみることは重要です。

 それと同時に謙虚さを忘れないこと。自分が一番偉いのだ、よく分かっているのだと思うと、それ以上成長しなくなってしまう。あとはハッピーでいることです。いつも苦しいと思いながらやっていることは、自分に向いていることではないかもしれません。

 私の仕事で最も重要なのは一番弱い立場の人の利益を一番に考えること。代弁者になるというのは傲慢な言い方ですが、一緒になって共感できる、連帯する気持ちを忘れないようにすることは大切です。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ