PR

ライフ ライフ

家族への思い聞かれ涙 46歳木村九段、最年長の初戴冠

最年長で初タイトルを獲得した木村一基九段=26日、東京都千代田区
最年長で初タイトルを獲得した木村一基九段=26日、東京都千代田区

 将棋の第60期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第7局が25、26の両日、東京都千代田区の都市センターホテルで指され、挑戦者で後手の木村一基(かずき)九段(46)が110手で豊島将之(とよしま・まさゆき)王位(29)=名人=に勝ち、対戦成績4勝3敗で初タイトルとなる王位を奪取した。46歳3カ月での初タイトル獲得は、引退した有吉道夫九段(84)の37歳6カ月の最年長記録を46年ぶりに更新した。

 木村新王位は平成17年の竜王戦七番勝負でタイトルに初挑戦し、28年の王位戦七番勝負まで計6回登場。しかし、いずれも届かなかった。21年の棋聖戦五番勝負は2勝1敗と王手をかけながら2連敗。並行して挑戦した王位戦七番勝負では開幕3連勝後に4連敗、28年の王位戦七番勝負も3勝2敗と先行したが、残る2局で苦杯をなめた。

 7回目の挑戦となった今シリーズは、豊島前王位の攻めに対し、「千駄ケ谷の受け師」の異名通り、力強い守りと粘りを発揮。一方で激しい攻めの将棋も見せ、フルセットの末に念願の初戴冠を成し遂げた。

 終局後、木村新王位は「結果を出せたことはうれしい」と笑顔で語りながらも、家族への思いを問われると言葉に詰まり、あふれる涙をぬぐった。

 一方、初防衛がならなかった豊島前王位は、7月に行われた第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負でも渡辺明棋聖(35)=棋王・王将=に敗れて防衛に失敗し、棋聖を失冠。一時は3冠を保持していたが、2つのタイトルを続けて失い、1冠に後退した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ