PR

ライフ ライフ

小学生6人死亡事故を芸術で表現「奪われた日常感じて」

犠牲になった児童が家で遊ぶ様子を描いた絵を鑑賞する熊野正則さん(左)と弓指寛治さん=名古屋市
犠牲になった児童が家で遊ぶ様子を描いた絵を鑑賞する熊野正則さん(左)と弓指寛治さん=名古屋市
その他の写真を見る(1/3枚)

 登校中の小学生6人がクレーン車にはねられ死亡した、平成23年に栃木県鹿沼市で起きた事故を題材とした芸術作品がある。制作には遺族も協力。野球の練習に励んだり、家の中で遊んだりする事故前の何げない日常が、絵で表現されている。遺族は「当たり前だった生活を全て奪われたことを感じてほしい」と作品が事故撲滅につながることを願っている。(野々山暢)

 三重県伊勢市出身の画家、弓指(ゆみさし)寛治さん(33)が愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に出展している「輝けるこども」。遺族の話や写真を基に小学4~6年で命を奪われた児童6人の姿を再現。肖像画や、6人が好きだったものなどが描かれている。

 事故で小学6年だった熊野愛斗(まなと)君=当時(11)=を亡くした父、正則さん(50)は「細部まで事実を知った上で制作してほしい」と全面的に協力。6月には弓指さんとともに通学路を歩き、発生から約8年で、初めて事故現場にも足を運んだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ