PR

ライフ ライフ

1製品から医薬品成分 健康食品買い上げ調査

 厚生労働省は24日、強壮や痩身効果をうたった健康食品やクリームなどに関する平成29年度の買い上げ調査の結果、1製品から医薬品の成分を検出したと発表した。既に業者に販売を停止させ、回収させる措置を取った。同省は健康被害の恐れがあるとして使用中止を呼び掛けている。

 厚労省によると、42道府県の協力で国内で販売されていた156製品を買い上げ、国立医薬品食品衛生研究所が分析。その結果、長崎県が買い上げた早漏防止クリーム「Super STUD 007」(1本5千ミリグラム)から、麻酔に使われる「リドカイン」(148ミリグラム)が検出された。

 リドカインには意識障害や不整脈、呼吸抑制などの副作用があるという。現時点で健康被害の報告はないとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ