PR

ライフ ライフ

女流初の優勝へ、上野愛咲美女流棋聖の先番で竜星戦開始

囲碁の第28期竜星戦決勝で一力遼竜星と対局する上野愛咲美女流棋聖=23日午後、東京都千代田区の日本棋院(宮崎瑞穂撮影)
囲碁の第28期竜星戦決勝で一力遼竜星と対局する上野愛咲美女流棋聖=23日午後、東京都千代田区の日本棋院(宮崎瑞穂撮影)

 上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(17)が女流棋士初の優勝を目指す囲碁の第28期竜星戦決勝が23日午後8時すぎ、東京都千代田区の日本棋院で始まった。連覇(通算3期目)を目指す一力遼竜星(22)との対局は、先(黒)番が上野女流棋聖。持ち時間がなく1分の考慮時間が10回、それを使い切ると1手30秒以内に着手する必要がある早碁で午後10時半ごろ、決着する見通しだ。

 プロ4年目の上野女流棋聖は予選にあたるブロックトーナメントを勝ち抜き、16人による決勝トーナメントに進出。1回戦でタイトル獲得15期の高尾紳路九段(42)を破ると、2回戦では七大タイトル保持者の村川大介十段(28)に勝利。全棋士が参加できる囲碁の一般棋戦で、女性が初めて4強入りする快挙を成し遂げていた。

 さらに14日の準決勝では、10月開幕の天元戦五番勝負への挑戦を決めている若手強豪の許家元(きょ・かげん)八段(21)を破っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ