PR

ライフ ライフ

【希少がんと共に生きる】宮川典子議員が残してくれたこと がん検診推奨は使命

体調不良をおして参院選候補の事務所開きに駆け付けた宮川典子衆院議員=5月12日、甲府市上石田(渡辺浩撮影)
体調不良をおして参院選候補の事務所開きに駆け付けた宮川典子衆院議員=5月12日、甲府市上石田(渡辺浩撮影)

 それは突然のことだった。12日夜、山梨県を地盤とする自民党の宮川典子衆院議員(40)=比例南関東ブロック=が乳がんで亡くなったことを知り、ショックのあまり言葉を失った。宮川氏はがんであることを公表しておらず、筆者(48)も知らなかった。それだけに「死去」しかも「がん」という二重の意味で衝撃を受けた。

 筆者の記者生活は甲府支局からスタートした。今から約25年前の話だ。山梨県は自民党の金丸信元副総裁、中尾栄一元建設相、堀内光雄元通産相らを輩出し、当時は保守王国といわれていた。以来、山梨県関係の国会議員には、身近に感じながら取材に当たってきた。

 だが、宮川氏とは接点がなく、面識はないに等しかった。そんな彼女が自民党本部で「記事、いつも読んでいますよ。頑張ってください!」と励ましてくれたことがあった。

 筆者は平成28年12月にステージ4の小腸がんの手術を受け、その後約2年間にわたり抗がん剤治療を続けた。「いつも読んでいる」というその記事が、罹患(りかん)して以降、産経ニュースで掲載を続けている連載「希少がんと共に生きる」のことを指しているのは、すぐに分かった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ