PR

ライフ ライフ

香港デモはSNS情報戦に 真偽不明の拡散で募る不信感

香港・新界地区で行われた、2カ月前に白服集団が民主派などを襲撃した事件に抗議する集会=21日(共同)
香港・新界地区で行われた、2カ月前に白服集団が民主派などを襲撃した事件に抗議する集会=21日(共同)
その他の写真を見る(2/2枚)

 また、黒いマスクのデモ隊と過激組織「イスラム国」の写真を並べ、「何が違うのか」とし、デモ隊を武装組織のように信じ込ませる手口もあった。

 SNSを悪用し、メンバーの個人情報収集や、デモのイメージを悪くして世論誘導する動きが高まるにつれ、デモ隊の不信感は増すばかり。一方の彼らにとっても、SNSは最重要ツールだ。過去の大規模デモ「雨傘運動」と違い、特定のリーダーがいない今回は不特定多数に発信できるSNSは活動の核といえる。

 九竜地区にある地下鉄太子(プリンス・エドワード)駅で8月に発生した警察によるデモ隊の排除をめぐっては「死者3人を隠している」との真偽不明の情報が拡散。また、デモ隊にふんした警官が若者を拘束した事件後には「警察が紛れ込んでいる」との話も広まった。こうした情報が出るたび、デモ参加者も拡大する傾向にある。中国政府は10月1日の建国70周年を前に事態を収めたい構えだが、出口が見えない状況だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ