PR

ライフ ライフ

西日本中心に暴風雨警戒 台風17号、東シナ海へ北上

21日午後1時現在のひまわり雲画像
21日午後1時現在のひまわり雲画像

 大型で強い台風17号は21日、沖縄に接近し、東シナ海に向け北上した。22日には対馬海峡付近から日本海へ移る見通し。日本の南の前線も暖かく湿った空気が入り、活動が活発となっている。気象庁は西日本を中心に暴風や大雨、海上のしけに警戒するよう呼び掛けている。レーダーの解析では、21日朝、宮崎市付近で1時間に120ミリ以上の猛烈な雨となった。

 気象庁によると、台風は勢力を維持したまま、23日以降、北陸から北日本に近づくとみられ、こうした地域でも荒れた天候に警戒が必要だ。台風15号で被災した千葉県や伊豆諸島では23日にかけて、17号や前線の影響で風が強まり、断続的に雨の見込み。気象庁は復旧作業では安全に注意するよう求めている。

 22日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は沖縄、九州北部30メートル(45メートル)、奄美25メートル(35メートル)。波の高さは沖縄10メートル、奄美、九州北部9メートル、九州南部8メートル、四国6メートル。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ