PR

ライフ ライフ

大規模停電、人工呼吸器電源残り20時間 命の危機感じたALS患者

文字盤を使ってコミュニケーションをとる津田英子さん(左)と夫の英伸さん=14日、千葉市花見川区
文字盤を使ってコミュニケーションをとる津田英子さん(左)と夫の英伸さん=14日、千葉市花見川区

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の津田英子さん(75)は、千葉市花見川区の自宅で台風15号による停電を経験した。人工呼吸器を外部電源なしで動かせるのは約20時間。熱中症に近い状態になり、命の危機も感じた。大事には至らなかったが、夫の英伸さん(77)は「備えが大事と痛感した」と話す。

 停電したのは9日の明け方。アラーム音とともに人工呼吸器が内部電源に切り替わった。冷房は消え、ベッドに敷いていた電動の冷却マットも停止。体調はみるみる悪化し、午後2時ごろには体温が38度近くになった。

 その後、訪問看護所の系列病院に移ることが決まり最悪の事態は回避できた。ただ、自宅に電気が通ったのは11日午前。今後は予備電源を増やすことを考えている。英伸さんは「頭で分かっていても、災害を体験すると違う。助け合える態勢を考えないといけない」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ