PR

ライフ ライフ

風太郎の日記原本を確認 昭和25~27年分、養父の記念館

わら半紙に書かれた昭和25~27年の風太郎の日記原本=養父市
わら半紙に書かれた昭和25~27年の風太郎の日記原本=養父市

 小説家、山田風太郎(1922~2001年)が昭和25~27年につづった日記の原本が、遺族から兵庫県養父市の山田風太郎記念館に寄贈された資料の中から確認されたことが20日、分かった。日記の内容は昭和史の一級資料として高く評価され、すでに「戦中派動乱日記」などで掲載済みだが、原本は遺族に返された後に所在不明となっていた。

 確認されたのは、表紙に「日記 25年5月17日より」とある26年7月31日までの分と、「日記 昭和26年8月1日」の27年12月2日までの分の2冊。それぞれ粗悪なわら半紙を2つ折りにし、青いインクの文字で細かく書き込み、こよりで閉じていた。

 当時の日記は、小学館から平成16年に「戦中派動乱日記」(昭和24~25年分)、翌17年に「戦中派復興日記」(昭和26~27年分)として発行された。しかし、原本は東京在住の風太郎の遺族に返却された後、所在が分からなくなっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ