PR

ライフ ライフ

【皇室ウイークリー】(608) 両陛下、国文祭で新潟県ご訪問 佳子さまは初の海外公式訪問 

コソボのサチ大統領との会見に臨まれる天皇陛下=13日午後、宮殿・竹の間
コソボのサチ大統領との会見に臨まれる天皇陛下=13日午後、宮殿・竹の間
その他の写真を見る(1/13枚)

 天皇陛下は13日、来日中のコソボのサチ大統領を皇居・宮殿に招き、会見に臨まれた。宮内庁によると、ご懇談は約20分間。話題は東京五輪・パラリンピックのほか、同国で指揮者として活動する柳沢寿男氏、日本の技術を導入した同国でのシイタケ栽培などにも及んだという。陛下は「訪日が日本とコソボの友好関係のさらなる発展につながることを期待します」と述べられた。

 天皇、皇后両陛下は16~17日にかけて、国内最大級の文化の祭典「第34回国民文化祭」と「第19回全国障害者芸術・文化祭」開会式臨席などのため、新潟県を訪問された。

 16日に新潟市内で行われた開会式では、陛下がお言葉を述べ、皇后さまとともに新潟の歴史を伝統芸能などを交えて紹介する「オープニングフェスティバル」を鑑賞された。式典後、両陛下は伝統芸能を披露した人々とご交流。陛下は、綾子舞という舞踊を披露した柏崎市の女性会社員に「何をきっかけに始めたのですか」と質問され、皇后さまは女性が身につけていた冠や舞で使う棒に興味を示し「きれいですね」「手作りですか」と話しかけられていた。

 同日夜に会見した花角(はなずみ)英世新潟県知事によると、陛下は昼の知事らとの会食の席冒頭で、今年6月、同県村上市で震度6強を観測した新潟・山形地震について「大変でしたね」「被災された方はどういう状況ですか」とお見舞いの気持ちを示されたという。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ