PR

ライフ ライフ

菅長官「教訓踏まえ二度と起こさない」 東電無罪判決

会見に臨む菅義偉官房長官=19日午後、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=19日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は19日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社の旧経営陣3被告に無罪を言い渡した東京地裁判決に関して「事故の教訓を踏まえ、二度とこうした事故が起こらないようにすることが政府の役割だと認識している」と述べた。

 菅氏は「地震や津波などに対する安全規制を抜本的に見直し、電力事業者にもそれを求めている」と説明。その上で「原発は安全性が最優先という認識に変わりはない」と強調した。

 公判では、巨大津波を予見できたのか、対策を取れば事故を防げたのかが主要な争点となっていた。菅氏は判決に対する見解については「コメントは控える」と言及しなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ