PR

ライフ ライフ

【書評】『なぜ脳はアートがわかるのか 現代美術史から学ぶ脳科学入門』 抽象表現の正当性を立証

 「抽象画は理解するのではなく感じるもの」とよく言われてきた。具象画が、描かれたモチーフの現実感や象徴性、隠喩(いんゆ)などからテーマを読み解き、表現様式から作者のニュアンスを味わうのに対し、抽象画はそうした前提を一切廃して、ただ素直に、感覚的に捉えればいいというわけだ。

 しかし、本書が示す脳科学の観点では、人間の本能的な対象把握はむしろ具象の方で、抽象表現は個々の経験や記憶を総動員して想像力を刺激し、複雑で高度な知的世界へと導く。つまり、抽象こそ考える、いや考えさせられる美術表現なのだ。

 著者の脳神経科学者でノーベル医学生理学賞受賞者のエリック・R・カンデルは、抽象を軸とする近・現代前衛美術の展開を、脳による認知という側面から科学的に分析、解明しようと試みる。内容は従来の前衛美術史観と重なるが、それを美術家の専門的方法論や美意識ではなく、人間一般の鑑賞能力として構築していくのが新鮮だ。とかく難解で特別視されがちな現代美術だが、実は人間として必然的で普通のありようなのだ。

 ここでキーワードとなっているのが“還元主義”。人間の脳は、目から得た現実の情報をそのまま受け入れ再現するのではなく、対象を構成するさまざまな要素ごとに捉え、脳内で再構成する。絵画の場合も、形や色、そして筆致、絵肌などの構成要素を分解し、初源的な基本形に還元することで、画面の現実的調和は失われるものの、逆に脳はその不調和を多彩な記憶や経験を駆使して、的確なイメージを作り上げようとする。こうして美術鑑賞は単なる作品の認識や理解を超え、個々の想像力による創造行為となっていく。著者はそれを「アートにおける還元主義的アプローチは、スピリチュアルな反応を引き起こす力さえ持っている」と論じる。

 こうした展開は、印象派から抽象表現主義、ミニマル・アート、さらに昨今の参加型アートに至る流れと一致する。近・現代の前衛的美術史観はまさに科学的合理性にのっとっていたということにもなるだろう。ただ、ここでは西洋美術史を基に論じられているが、東洋美術では古来実践されてきたこと。今後はその検証も期待したい。(エリック・R・カンデル著、高橋洋訳/青土社・3200円+税)

 評・藤田一人(美術ジャーナリスト)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ