PR

ライフ ライフ

【原坂一郎の子育て相談】思春期男児との向き合い方は?

 上が高校1年の女の子、下が中学2年の男の子のシングルマザーです。娘は自分から部活や勉強を頑張る子で何も問題ないのですが、息子はゲームやスマートフォンに夢中で、たとえば「勉強はやったの?」と言うと、「うるせーな、ババア!」などと暴言を吐き、こちらが何かを言えば言うほど離れてしまいます。父親がいなくて寂しい思いをさせているのかと思うと、息子に申し訳なくなります。自分自身が2人姉妹で育ち、思春期の男の子の育て方が分からず、悩んでいます。

 息子さんはいわゆる第2次反抗期を迎えたようです。反抗期の子供の態度や言葉は、親には人が変わったように見えるかもしれませんが、思春期の子供は、外での姿が本当の姿です。外でもそんな悪態をついているなら問題かもしれませんが、母親にだけ、というのなら大丈夫、甘えているだけです。

 もしも思春期翻訳機があれば、「うるせーな、ババア」は、「わかっているよ、お母さん」と訳されるはずです。仮に「殺すぞ」と物騒な言葉を言ったとしても、「その話はやめてね」とだけ訳されるはずです。その言動に振り回されず、あなたなりの翻訳機で息子さんが「言いたかったこと」だけを探ってみてください。するとあなたの言動が変わってきます。それでも息子さんは悪態をつき続けるかもしれませんが、心の中では「わかってくれてありがとう」と言っていますよ。

 シングルマザーは、「父親の分も」と思うあまり、厳しさや小言が多くなることがあるのですが、あなたは大丈夫でしょうか?今後は、逆におおらかさを意識してほしいと思います。

 私が心配なのはむしろ娘さんです。本当は心の底に何か思いがあるのに、それを表現しないだけかもしれません。翻訳機にかけると、それこそあなたが驚く言葉が出てくるかも。どんなときも2人の言動に惑わされず、心の中をしっかり見つめるお母さんでいてく

ださいね。

(こどもコンサルタント)

原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士。

 子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。〈メール〉life@sankei.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ