PR

ライフ ライフ

群馬の「100歳以上」最多1254人 最高齢は甘楽の112歳女性

 「敬老の日」(16日)を前に群馬県は13日、100歳以上(15日時点)の長寿者数が前年から56人増えて1254人に達し、過去最多になったと発表した。県内最高齢者は112歳の山田けささん=甘楽町。県は「老人週間」(15~21日)に合わせ、さまざまなキャンペーンを実施する。

 県によると、医療の進歩などを背景に100歳以上の長寿者数は年々増加している。100歳以上の男女別内訳は男性142人、女性1112人。男性の最高齢者は高崎市在住の米田清さん(107)だった。

 老人週間では、高齢者の社会参加を呼びかけるなどのキャンペーンを展開する。最高齢者や今年度中に100歳を迎える高齢者への慶祝訪問など敬老行事が行われる予定だ。

 山本一太知事は、この日午前、甘楽町の特別養護老人ホームに山田さんを訪問。慶祝状と生け花、銀杯を手渡し、「いつまでも元気でお過ごしください」と長寿を祝った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ