PR

ライフ ライフ

【インターン取材】堺市民 和装で歓迎 日本発ミスコン代表18人交流 世界遺産の仁徳天皇陵をVR体験

仁徳天皇陵前で和装した堺市民らに迎えられる「ミス・グレイト」の参加者たち=堺市堺区
仁徳天皇陵前で和装した堺市民らに迎えられる「ミス・グレイト」の参加者たち=堺市堺区

 16日に大阪で開催される日本発のミスコン世界大会「Miss Great(ミス・グレイト)2019」の各国代表18人が11日、世界遺産の百舌鳥・古市古墳群の1つ、仁徳天皇陵(堺市堺区)を訪れ、和装の堺市民らと交流した。

 ミス・グレイトは、大阪出身のミスコン経験者である上山真里愛さんが一から作り上げた。ボツワナやウクライナなど18カ国の代表者が参加。「EqualWorldforall(誰もが平等な世の中)」をスローガンに、ジェンダーフリーの実現や、人や国の不平等をなくすことなどに取り組んでいる。

 この日、各国代表は最初に堺区の観光施設「さかい利(り)昌(しょう)の杜(もり)」でお茶を堪能した後、仁徳天皇陵を訪問。着物や浴衣を着た堺市民が拍手で出迎えた。仁徳天皇陵の説明を聞いた後、市民と写真を撮ったり、談笑をしたりと、交流を深めていた。その後に訪れた堺市博物館(同区)では、古墳群を上空から眺めるバーチャルリアリティー体験を楽しんでいた。

 フィリピン代表のアップル・ジョイ・バケイさん(24)は「自国の文化と違っていて刺激的だった。」と話していた。

 各国の代表は8日に関西国際空港に到着。17日まで日本に滞在し、「美の大使」としてSNSなどで日本の魅力を自国に伝える。

 10日には京都を訪れ、京都市北区の上賀茂神社やジムを観光。京都市右京区にある有料老人ホームロングライフ京都嵐山では雅楽演奏を楽しんだ。

 16日に大阪市北区にあるANAクラウンプラザホテル大阪で世界一が決まる。(松阪実香)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ