PR

ライフ ライフ

「紀州のドン・ファン」遺産 和歌山・田辺市が受け取りへ 総額13億円の一部

 昨年5月に急死し、欧州の伝説の放蕩(ほうとう)児になぞらえて「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の酒類販売会社元社長、野崎幸助さん=当時(77)=が、全財産を市に寄付するとした遺言書が見つかり、市が13日、受け取る方針を明らかにした。遺産総額は13億円で、寄付額はその一部となる。今後、野崎さんの遺族と遺産の分割協議をへて、市が受け取れる具体額が決まる。

 野崎さんは昨年5月24日夜、自宅2階の寝室のソファで意識を失っているのを家族が見つけ、死亡が確認された。行政解剖で、血液や胃、肝臓などから覚醒剤成分を検出。死因は急性覚醒剤中毒と判明している。

 市は昨年8月、和歌山家庭裁判所田辺支部を通じて遺言書の存在を確認。9月に裁判所の確認を経て、市は遺産を受け取れる立場と判断した。

 裁判所から相続財産管理人として選任された弁護士の調査を終え、今年7月に遺産の全容が判明した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ