PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】政治は軍事の「おまけ」?(下)政務の地位、低かった鎌倉・室町

毛利元就像(模本、東大史料編纂所蔵)
毛利元就像(模本、東大史料編纂所蔵)

 室町幕府には執事が置かれていました。将軍を補佐することを任務とする、幕府内でもっとも重要な役職で、初代の執事は「バサラ大名」としても有名な高師直(こうのもろなお)です。師直は将軍の親衛隊ともいうべき強力な軍を率いるとともに、政治にも深く関わりました。その結果、幕府の政務を管轄する足利直義(ただよし)(将軍尊氏の弟)と激しく対立し、滅んでいきました。

 師直のあと、執事には仁木頼章、細川清氏と有力守護が任じられ、やがて引付頭人(ひきつけとうにん)(政務を行う重要なポスト)の権限を吸収して管領(かんれい)と呼ばれるようになります。管領は将軍のもとで、政務の実権を握るようになりました。斯波(しば)、畠山、細川の三家から選ばれたので、これを「三管領」と称する、と教科書に出てきたはずです。

 さて、細川清氏のあとを襲ったのが斯波氏でした。この時の名称はいまだ執事でしたが、2代将軍の足利義詮(よしあきら)から就任を要請された斯波高経は喜ぶどころか、渋い顔をしたのです。執事というのは、足利本家の家来が任じる役職である。わが家は足利本家の家来ではなく、一族、親戚である。だから、執事に就任するのは家の恥である、という理屈からでした。

 たしかにそれまで執事に任じていた高、仁木、細川は家格は低かった。高は鎌倉時代から足利氏の家来としてさまざまな実務をこなしていましたし、仁木と細川は足利氏に出自を持ちますが、庶流で力が弱かったため、早くから家来として扱われていました。

 これに対して斯波氏は家格が高かった。そもそも斯波氏初代の家氏は正室を母にもつ、足利本家の跡継ぎでした。ところが母親の兄、名越(なごえ)光時(本家につぐ北条氏の名門)が本家に反旗を翻したため、母は連座して正室の座を追われ、家氏は後継者からはずされた。足利氏には北条本家から改めて正室が嫁いできて、彼女が産んだ頼氏が家を継いだのです。こうした経緯があったため、家氏の流れは格が高かった。代々尾張守に任じて「足利尾張家」と呼ばれて重んじられました。高経が誇り高かったのもうなずけます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ