PR

ライフ ライフ

日本代表気分で応援 子供たちにラガーTシャツ

プレゼントされた特製ラガーTシャツを着て笑顔を見せる児童ら=大阪府東大阪市の英田北小学校
プレゼントされた特製ラガーTシャツを着て笑顔を見せる児童ら=大阪府東大阪市の英田北小学校

 20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つ、大阪府東大阪市の花園ラグビー場近くの市立英田北小学校で10日、全校児童と教職員に、赤と白のストライプを基調とした日本代表のジャージーに似た特製ラガーTシャツがプレゼントされた。

 地元開催のW杯を子供たちと一緒に盛り上げようと、市内の中小企業の経営者らでつくる「東大阪のビジョンを考える会」が作成。花園ラグビー場を含む英田中学校区にある英田幼稚園、英田北小、英田南小、英田中に通う子供と教職員用として、市に約2500枚を寄贈した。

 英田北小では計約830着のTシャツが配られた。事前にサイズを確認していたため着るとぴったりで、児童たちも笑顔。6年の下宮蓮斗君(11)は「通気性もよく気持ちいい。大人になっても自慢できる地元開催の国際大会。みんなで応援したい」と話した。

 中学校区内の児童会と生徒会のメンバーらは17日と20日の朝、花園ラグビー場への来場者へのおもてなしとして、もらったTシャツを着て美化活動を行う予定という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ