PR

ライフ ライフ

紀子さま53歳お誕生日 文書ご回答全文

 「3人の子どもたちは、それぞれに活動の幅を広げているように感じます」

 「長女の眞子は、今年から『全国都市緑化祭』の行事への出席を私たちから引き継ぎ、5月には長野県を訪問しました。信州の美しい自然や養蚕、美術なども印象的だったようです。7月にはペルーとボリビアを公式訪問しました。南米の歴史や文化にふれ、日系社会のお話をうかがうなど、意義深い経験だったと思います。そして、昨年までと同様に、今年も日本工芸会の仕事に関わり、日本テニス協会などの行事にも、出席していくと聞いています」

 「次女の佳子は、今年、大学を卒業し、6月には、私が長く携わってきた『産経児童出版文化賞贈賞式』に出席しました。また、『全日本高等学校馬術競技大会』への出席など、これまでの公的な仕事も引き続き、おこなっています。そして来週からは、オーストリアとハンガリーを訪問します。次女にとっては初めての外国への公式訪問であり、本を読み、専門家の話を聞くなどして、熱心に準備を進めているように感じます。与えられた務めをしっかりと果たせるよう、願っております」

 「長男の悠仁は、今年の3月に小学校を卒業し、4月から中学校に入学しました。中学校でのいろいろな活動や課題に積極的に取り組んでいる一方で、家では、稲や野菜を栽培し、トンボについて調べています。たとえば、野菜を育てるときは、肥料を与えたり、雑草を取ったり、受粉させたりして、収穫量を増やすなど、さらなる工夫をしています。ブータンでは、国王王妃両陛下、4代国王陛下・王妃陛下方をはじめ、王族の方々より、大層あたたかくお迎えいただきました。訪れた先々で、長男は人々との出会いを大事にしている様子が感じられ、首都ティンプーやパロの博物館や寺院、弓技場、学校などでのお話を興味深く聞き、英語での説明も懸命に理解しようとしていました。そして、標高3500メートルにあるジェラでの牧畜の様子や、標高1300メートルにある古都のプナカにおける農業にもふれ、ブータンの自然や文化を全身で感じたように思います。今後の進路につきましては、こうした様々な経験を重ね、関心を広げるなかで、考えていくことになるのではないでしょうか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ