PR

ライフ ライフ

第65回齋藤茂吉文化賞に3氏

 芸術、学術の分野で山形県内の文化向上に寄与した個人、団体を顕彰する「第65回齋藤茂吉文化賞」の受賞者が10日、決まった。

 学術部門の人文科学分野の受賞者は、日本中世の寺社、山岳信仰、中世城郭などの研究者、伊藤清郎氏(70)=山形市、芸術部門の美術分野は、山形県鶴岡市大山を拠点に自然観察や調査研究に取り組みブナ原生林などを撮り続けてきた自然写真家、太田威(たけし)氏(76)=鶴岡市、同じく美術分野で彫刻家として三軌会や山形県総合美術展覧会などで多数受賞し、山形県金山町の地域資源を読み込んだ金山町郷土カルタを作成するなど、地域学習の教材を作成した樋口勝也氏(77)=金山町=が選ばれた。

 3人は、11月3日、山形市旅篭町の山形県郷土館「文翔館」で表彰される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ