PR

ライフ ライフ

「鈴木」の和歌山・海南と「佐藤」の栃木・佐野が連携

栃木県佐野市の「さのまる」(右)と和歌山県海南市の「海ニャン」=海南市役所
栃木県佐野市の「さのまる」(右)と和歌山県海南市の「海ニャン」=海南市役所

 日本人の中で最も多い名字の「佐藤」姓ゆかりの地・栃木県佐野市のキャラクター「さのまる」が9日、2番目に多い「鈴木」姓の発祥地・和歌山県海南市を訪れ、キャラクター「海ニャン」と面会。名字ゆかりの地同士で連携し、地域活性化につなげていくことを確認した。

 佐野市は平安時代、平将門の乱の平定に功績をあげた藤原秀郷(ひでさと)が城を構え、「佐野の藤原」として佐藤姓ゆかりの地とされる。市では「佐藤さんゆかりの地」の地域再生計画が8月に内閣府に認められており、PR活動を強化している。

 この日は、佐野市の職員らが、すでに鈴木姓の発祥地「鈴木屋敷」の復元事業などに取り組んでいる海南市を訪問。岡部正英・佐野市長の親書を神出政巳・海南市長に手渡した。

 会場では、佐野市のさのまるが乱入し、市の魅力や歴史を紹介。すると、海南市の海ニャンも負けじと、鈴木姓にちなんだ市の取り組みなどを披露し、応戦した。一時は緊迫したものの、最後は抱き合って和解。両市の発展に向けて協力することを誓い合った。

 神出市長は「全国の佐藤さん、鈴木さんを、それぞれの地域の応援団にするため両市がタッグを組んで知恵を出し合い、大きな成果を出していきたい」と連携に期待していた。

 明治安田生命の平成30年の調査によると、佐藤姓は約194万人、鈴木姓は約182万人という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ