PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】マンガ家・永井豪(74)(7)「デビルマン」悪魔がテレビに

 《デビルマンの原作マンガは昭和47年に週刊少年マガジンで発表。先史時代の地球を支配していた先住民デーモンと合体した主人公の不動明は、悪魔の力と人間の心を持つ戦士デビルマンになった。人間を守るためデーモンの刺客と戦うが、疑心暗鬼に陥った人間によるデビルマン狩りが始まる》

 デビルマンを始めたころは4誌に連載しており、何かやめないと手がまわらない。(永井豪ファンクラブ初代会長で)作家の筒井康隆さんが絶賛してくれた「オモライくん」という浮浪者が主人公のギャグマンガも連載していたのですが、汚さのネタが限界に達していた。新しいものに移りたいとマガジンの編集長に断りを入れ、同誌で「デビルマン」を描くことになったのです。ギャグで人気を取れるのに、なぜストーリーものにいくのかと疑問視されました。

 アニメは小・中学生向けだけど、マガジン編集部からは「大学生も読むから、大人も納得するように人間ドラマをしっかり描いて、キャラクターも違うものに」と注文された。マンガ連載が先でアニメは後から始まった。同じタイトルですが、ストーリーも変わっていきました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ