PR

ライフ ライフ

みつめることの意味を考える

水村綾子「scale」2013年
水村綾子「scale」2013年

 画家たちの目には風景や事物はどのように写り、表現しているのか。それを探る展覧会「みつめる 見ることの不思議と向き合う作家たち」展が、群馬県立館林美術館で開かれている。

 さまざまな土地で見た風景や多様なイメージを透明感のある色彩で紡ぎ出す津上みゆき。自然を観察し、空気や物の気配をも表現する金田実生。柔らかく繊細な色彩で幻想的な世界を展開する水村綾子。木々の葉を通して背後に広がる空の存在を意識させる日高理恵子。気鋭の絵画を紹介している。16日まで、月曜休(16日は開館)、一般610円。問い合わせは同美術館0276・72・8188。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ