PR

ライフ ライフ

近・現代の共鳴を楽しむ ポーラ美術館「シンコペーション」展

 平成14年の開館以来、現代美術の企画展は初の試みとあって、担当の鈴木幸太学芸員は「親しみやすさ」に心を砕いたという。「当館のファンの中には、現代アートは難解だと抵抗がある人もいるでしょう。だから知識の有無に関係なく、音の作品など体感して楽しい作品を多く選んだ。近代と現代を一緒に展示することで、新しい見方を提供できたら」と話している。

 12月1日まで、会期中無休。

 問い合わせは0460・84・2111。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ