PR

ライフ ライフ

里見香奈、史上初女流6冠を達成 ヒューリック杯清麗戦

将棋の「第1期ヒューリック杯清麗戦五番勝負」第3局で甲斐智美女流五段(手前)に勝利し、初の女流6冠を達成した里見香奈新清麗。感想戦で対局を振り返った=7日午後、金沢市(安元雄太撮影)
将棋の「第1期ヒューリック杯清麗戦五番勝負」第3局で甲斐智美女流五段(手前)に勝利し、初の女流6冠を達成した里見香奈新清麗。感想戦で対局を振り返った=7日午後、金沢市(安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 将棋の女流棋戦「第1期ヒューリック杯清麗(せいれい)戦五番勝負」(ヒューリック主催)の第3局が7日、金沢市で行われ、里見香奈女流五冠(27)=女流王座・女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花(とうか)=が甲斐智美女流五段(36)を破り、対戦成績3勝0敗で初代清麗位を獲得。将棋界にある女流七大タイトルのうち、女王以外の女流6冠を女流史上初めて達成した。

 里見新清麗は島根県出雲市出身。森●二(けいじ)・九段門下で、平成16年に中学1年生で女流棋士となった。終盤の攻めの鋭さからついた愛称は「出雲のイナズマ」。20年に初タイトルの倉敷藤花を獲得し、25年には史上初の女流5冠を達成した。今回で獲得タイトルは歴代2位の通算37期。同一タイトルを規定数獲得することで得られる永世称号の資格も4つ保持している。

 一方、女流棋士とは別制度で、女性初の「棋士」を目指し、23年から養成機関「奨励会」に所属したが、昨年に26歳の年齢制限を迎えて退会。現在、男性棋士が参加する公式戦に女流枠で出場し、活躍している。

 「棋譜再現」をクリックすると対局状況をご覧いただけます。

将棋 棋譜再現(Windows版のみ)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ