PR

ライフ ライフ

【歴史の転換点から】江戸無血開城の「点と線」(5)西郷と勝 慶喜は激怒したのか

前のニュース

東京・上野公園の西郷隆盛像。ここは幕末期、徳川慶喜が一時謹慎したほか、彰義隊が立てこもったために起きた上野戦争の舞台となった寛永寺の境内だった。西郷像のすぐ後方には「彰義隊の墓」がある(関厚夫撮影)
東京・上野公園の西郷隆盛像。ここは幕末期、徳川慶喜が一時謹慎したほか、彰義隊が立てこもったために起きた上野戦争の舞台となった寛永寺の境内だった。西郷像のすぐ後方には「彰義隊の墓」がある(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

「鶴の一声」に泣く

 「なぜ明日の江戸城総攻撃は中止なのか。旧幕府側から勝海舟が出て来たというが、勝の言うとおりにするとはどういうことだ!」

 新政府の東山道先鋒(せんぽう)総督府参謀、板垣退助は東海道先鋒総督府にいた西郷隆盛のもとにそう怒鳴り込んできたという。再び大村藩士で新政府軍幹部の渡辺清の証言だ(『史談会速記録 第68集「江城攻撃中止始末」』)。

 勝・西郷会談が行われた慶応4(後の明治元=1868)年3月14日(旧暦)夜、翌日に迫った江戸城総攻撃は中止-との飛報が臨戦待機中の東山道・北陸道各先鋒総督府に届いた。土佐藩士の板垣は後に自由民権運動の指導者として名を残すが、甲斐(山梨県)で新選組局長だった近藤勇が率いる旧幕府軍を一蹴したことをはじめ、戊辰戦争では輝かしい武功を誇る軍人として知られた。

 おそらく板垣は江戸城総攻撃を求める最強硬派の一人だった。ところが、渡辺によると、西郷が「いや実はこの渡辺が英国のパークス公使と話をしたところ、公使は恭順中の徳川慶喜追討に反対し、しかも戦争は『万国公法』にもとるとの考えで…」などと説明し始めると板垣は「なるほどそれでは仕方がないし、異存もない」と至極あっさりと応じたのだという。

 にわかに信じがたい展開だが、事実である。板垣の上司である東山道先鋒総督、岩倉具定は15日付書簡でパークスの一件について報告。「ここまで敵地近くに進軍したにもかかわらず、(開戦の)機会を失って士気はくじけ、何とも遺憾千万。何とも何とも何とも、実に申し上げようもなく心残りに候」と痛恨を伝えているのだ。パークスの反対は新政府のだれにとっても「絶対」だった。

 理由はある。この年の1月初旬、西宮の警備にあたっていた備前(岡山)藩兵が英・仏兵と銃撃戦になる「神戸事件」が起きた。かけつけたパークスにまで発砲したという。これは備前藩家老が切腹することで収束したが、翌月中旬には堺警備の土佐藩兵が行き違いから衝突した仏兵11人を殺害する「堺事件」が発生。新政府側は賠償金として15万ドルを支払い、土佐藩の関係者11人が切腹するに至った。またその月末には京都で参朝途中のパークスが襲撃された。パークスは無事だったが、英騎兵2人が負傷している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ