PR

ライフ ライフ

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力(7)

日本初の陸軍大将の制服姿の西郷隆盛像。西郷の尊王意識を象徴している=鹿児島市城山町
日本初の陸軍大将の制服姿の西郷隆盛像。西郷の尊王意識を象徴している=鹿児島市城山町

■正成に殉じた西郷の生涯

 西郷南洲顕彰館(鹿児島市)の元館長、高●(たかやなぎ)毅氏は約10年前、西郷隆盛の漢詩『湊川感懐』の墨蹟(ぼくせき)を見つけ、ネットオークションで競り落とした。西郷の直筆で、積年の疑問に答えをくれる漢詩だと直感したので、競り値が65万円近くになってもポケットマネーをつぎ込んで、競売から下りなかった。

 『湊川感懐』は、西郷が楠木正成(くすのき・まさしげ)に自らを重ね、詠んだ漢詩だ。朝廷にはびこる俗臣たちを嘆く内容も含まれているので、西郷が明治の維新政府に失望して下野した後の明治7(1874)年ごろの作品である。

 〈王家萋棘古猶今 遺恨千秋湊水潯 願化青蛍生墓畔 追随香骨快吾心〉

 読み下し文にすると、こうなる。

 〈王家萋棘古(おうかせいきょくいにしえ)も猶(なお)今のごとし 遺恨なり千秋湊水(せんしゅうそうすい)の潯(ほとり) 願わくは青蛍(せいけい)と化して墓畔(ぼはん)に生じ 香骨(こうこつ)に追随し吾が心を快(たの)しましめむ〉

 王室が、雑草が生い茂るほど困窮されているのは今も昔も変わらない。献策が用いられず、勝ち目のない戦に出た楠公の恨みは深く、湊川の淵に千秋も漂っている。願わくは青い蛍と化して楠公の墓のそばに生まれ、その揺るぎない尊王精神を追い求めて、自分の心を爽快にしたい-。萋棘(雑草)を朝鮮使節派遣論を阻んだ明治政府の高官たちと読めば、いわゆる征韓論で敗れて故郷に帰った西郷の心情がよくわかる。

 「西郷は明治維新の最大の功労者ですが、いつも楠公を慕っていて、維新も楠公精神に従っていたからこそできたことがわかる気がします」

 苦労して手に入れた『湊川感懐』を同館に寄贈した高●氏はそう話す。幕末、薩摩藩士のころから西郷が楠公と小楠公(正成の嫡子(ちゃくし)・正行(まさつら))をお手本にしていたと推測できるのは次の5点である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ