PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】マンガ家・永井豪(74)(6)冷たい視線に負けないぞ

前のニュース

第47回日本漫画家協会賞の贈賞式で(中央)。同協会会長のちばてつやさん(右)らと登壇した=平成30年6月
第47回日本漫画家協会賞の贈賞式で(中央)。同協会会長のちばてつやさん(右)らと登壇した=平成30年6月

 《昭和43年に連載がスタートした「ハレンチ学園」では、ヒゲゴジラや丸ゴシら教師が、子供たちをいじめるような授業を行っていた。山岸八十八(やそはち)と美少女の柳生十兵衛みつ子ら生徒が、教師や教育委員会に抵抗していく》

 当時、オンエアされていた小川ローザのテレビCM「Oh! モーレツ」をまねて、作中でスカートめくりをさせたところ、全国の小学校で大流行した。スカートめくりの場面を描いたのは、一回きりなんですけどね。一部の新聞が取り上げてから、テレビのワイドショーがおもしろがって話が大きくなった。全国のテレビ番組に呼ばれましたよ。自分の意見を説明しようとするのですが、反論する間もなく攻撃されて痛めつけられ、番組ではつるしあげ状態になる。でもね、番組が終わると、ぼくを攻撃していたPTAのおばさま方が、「サインして」と寄ってくる。当時23歳で、「ジジイが描いていると思ったら、かわいい坊やじゃない」といった具合です。その裏表の激しさに余計、人間不信になりましたよ。

 《終戦から3週間後の20年9月6日に生まれた。きょう74歳に。「ハレンチ学園」を批判する世代とは、意識のズレを感じる》

 子供が見て悪いものは、描いてはいないというモラルはあった。性への関心や興味は小学生くらいからみんな持つ。そんなことまで毛嫌いする大人は、戦前に受けた教育の影響が残っているのではないかと、当時は思っていました。そういった性的なエネルギーは全部、戦争に向けさせられていたのかもしれません。ぼくは欧米の映画が子供の頃から好きで、軽いエロチックコメディー作品はいくらでも見られたんです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ