PR

ライフ ライフ

文芸評論家、編集者の大村彦次郎氏死去 「文壇栄華物語」で新田次郎文学賞

 大村彦次郎氏(おおむら・ひこじろう=文芸評論家、編集者)8月30日、下咽頭がんのため死去、85歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男、彦太(ひこた)氏。

 講談社で雑誌「小説現代」「群像」の編集長や文芸編集者を長く務め、作家の野坂昭如氏や林京子さんらのデビューに関わったほか、池波正太郎氏の「仕掛人・藤枝梅安」などの企画を成功させた。退社後は短歌研究社の社長や文芸評論家として活躍し、平成11年に「文壇栄華物語」で新田次郎文学賞。ほかの著作に「時代小説盛衰史」など。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ