PR

ライフ ライフ

国際エコノミスト、長谷川慶太郎さん死去

長谷川慶太郎氏=2007年8月
長谷川慶太郎氏=2007年8月

 国際エコノミストの第一人者、長谷川慶太郎(はせがわ・けいたろう)さんが3日、心不全のため死去した。91歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は長男、徹(とおる)さん。

 昭和2年、京都府生まれ。28年に大阪大学工学部を卒業し、新聞記者などを経て、経済評論家として独立。その後、国際的視点に立ったユニークな分析で国際エコノミストとして活躍した。

 最先端の技術情報や、軍事知識に裏打ちされた独特の分析に定評があり、政治、経済、国際問題を大胆に予測する手法で、多くの会社経営者や投資家に影響を与えた。一貫して日本経済の実力を高く評価し、世界経済の中でも、日本が重要な役割を果たすと主張してきた。

 58年に「世界が日本を見倣う日」で石橋湛山賞を受賞。「デフレに勝つ経営学」「アジアが日本に屈する日」など、著書多数。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ