PR

ライフ ライフ

家族で火おこし、防災学ぶ 宮城・東松島、体験型施設

 東日本大震災で被災した宮城県東松島市にある防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA(キボッチャ)」で1日、防災を楽しく学んでもらおうと、家族で火おこしや保存食の試食をするイベントが開かれた。

 同施設は津波被害を受けて廃校した旧野蒜小の校舎を改装し、昨年7月にオープンした。実技を通して防災に触れることができ、県内外の学校や企業、自治体の研修にも使われている。

 この日は屋外のテントで親子連れが、きりなどを使った火おこしに挑戦し、湯を注いでアルファ米を試食。初めて虫眼鏡で火をおこした仙台市の小学3年佐々木晴紀君(9)は「楽しかった。大きな地震があっても大丈夫かな」と充実した表情。母親の看護師樹さん(36)は「今回の経験を基に、将来、避難所などでリーダーシップを発揮してくれたら」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ