PR

ライフ ライフ

iPS角膜移植「5年で一般的な治療に」 大阪大会見詳報

会見に臨む大阪大学大学院医学系研究科眼科学の西田幸二教授(右)。左は幹細胞応用医学寄付講座教授の林竜平教授=29日、大阪府吹田市の大阪大学(前川純一郎撮影)
会見に臨む大阪大学大学院医学系研究科眼科学の西田幸二教授(右)。左は幹細胞応用医学寄付講座教授の林竜平教授=29日、大阪府吹田市の大阪大学(前川純一郎撮影)

 大阪大の西田幸二教授は29日、大阪府吹田市の同大で記者会見を開き、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った目の角膜の細胞を患者に移植する世界初の手術について説明した。主なやり取りは以下の通り。

 --臨床研究で行った手術の概要は

 「40歳代の女性に実施して無事に終了した。両目の視力がほとんどないが、今回は左目に角膜細胞シートを移植した。先週退院し、日常生活を送っている。経過は今のところ問題ない。現時点ではうまくいっていると理解している」

 --視力の回復は

 「移植した角膜シートはきれいについて機能しており、視力はかなり改善している。患者さんは『見えるようになった』と喜んでいた。計測した視力の値からすると、普通に新聞や本を読める状態とみられる」

 --臨床研究は成功ということか

 「安全性と有効性を、これから1年間かけて慎重に確認しなければならない。また、白濁した患部を除去して透明な角膜細胞シートを移植したのだから、見えるようになったのは予想通り。問題は、この状態をどれだけ維持できるかだ」

 --角膜上皮幹細胞疲弊症を選んだ理由は

 「角膜の病気で、既存の治療法では治しにくく最も重い部類だからだ。iPS細胞による再生医療という新しい臨床研究は、難治性の病気を扱うべきだと考えた。将来は他の角膜の病気の治療にも応用したい」

 --臨床研究を実施したことへの感慨は

 「iPS細胞による再生医療の研究を始めて13年。こんなに時間がたったのかという思いだ。患者さんに応用するため、強固な基礎研究を築いてきたので、自信を持って臨めた」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ