PR

ライフ ライフ

仲邑菫初段を藤沢女流名人が絶賛 広島市で公開対局

仲邑菫初段(右)はタイトルを4つ保持する藤沢里菜女流名人との公開対局に臨んだ=25日、広島市中区
仲邑菫初段(右)はタイトルを4つ保持する藤沢里菜女流名人との公開対局に臨んだ=25日、広島市中区

 囲碁の最年少プロ棋士・仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が25日、広島市内で女流タイトル4つを保持する藤沢里菜女流名人(20)との公開対局に臨み、敗れた。仲邑初段は対局後、「緊張したけど、あこがれの藤沢先生と打ててよかった」と笑顔で語った。

 日本棋院広島県本部の創立40周年を記念し開催されたイベント。対局するステージのすぐ横では、プロ棋士が約400人のファン向けに大きな碁盤を使って解説。公式戦とは違った雰囲気の中、仲邑初段は冷静に打ち続けた。

 現在、国内には女流棋戦が5つあり女流名人・女流本因坊・女流立葵杯・扇興杯を保持するのが藤沢女流四冠。今年4月、仲邑初段が10歳0カ月でプロ入りするまで、女流棋士では最年少(11歳6カ月)入段記録を持っていた。タイトル獲得12期の藤沢女流四冠は「序盤は私の方が明らかに押されていた。碁盤全体を見る力は、とても10歳とは思えない確かな打ちぶり。2、3年後どころか、もっと早くタイトル戦に登場してくるのでは」と、近い将来対戦するであろう強敵の実力に太鼓判を押していた。

 仲邑初段は、現在進行中の第23期女流棋聖戦の予選で2勝し、16人による本戦トーナメントへ進んでいる。あと4連勝すれば、来年1月に行われる予定の三番勝負で、3連覇を目指す上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(17)と対局できる。

 また、9月には第59期十段戦(産経新聞社主催)予選で、古田直義四段(50)と対戦する予定。これまでの公式戦3局はすべて女性棋士相手で、持ち時間は各1時間と短かった。初の男性相手、持ち時間が各3時間となる十段戦で、どう対応するか注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ