PR

ライフ ライフ

「責務自覚し任務を」 梶原・陸自第3師団長が着任式

会見で抱負を述べる梶原直樹・陸自第3師団長=伊丹市
会見で抱負を述べる梶原直樹・陸自第3師団長=伊丹市

 近畿2府4県を管轄する陸上自衛隊第3師団(兵庫県伊丹市)の新師団長に23日付で就任した梶原直樹陸将(54)が24日、伊丹市の千僧駐屯地で着任式に臨み、「安全保障環境が一層厳しさを増し、地震や豪雨などの大規模災害への懸念が大きくなる中、自衛隊に対する国民の期待はますます高まっている。責務を自覚し任務を果たしてほしい」と訓示した。

 式では、ヘリコプター3機と戦闘機や輸送車など122両が行進。梶原師団長は隊員833人に訓示後、記者会見し、「長い歴史と素晴らしい伝統、文化を有する近畿2府4県の防衛警備を受け持つ責任を重く感じ、精強な部隊を構築していく」と抱負を述べた。

 梶原師団長は東京都出身で防衛大卒。第1特科団長や統合幕僚監部防衛計画部長などを歴任した。前任の田中重伸陸将(55)は23日付で教育訓練研究本部長に異動した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ