PR

ライフ ライフ

【一聞百見】アーティスト・河野ルルさん 癒やしの壁画で「幸せ」振りまく

「壁画を描くことで、子供たちに明るくなってもらいたい」と話す河野ルルさん =名古屋市瑞穂区(柿平博文撮影)
「壁画を描くことで、子供たちに明るくなってもらいたい」と話す河野ルルさん =名古屋市瑞穂区(柿平博文撮影)
その他の写真を見る(1/7枚)

 河野ルルの描く絵には、生命力がほとばしっている。簡略化された生き物のフォルム。明るく鮮やかな色彩。多くの人はそこに、まるで太古の美術作品、ラスコー洞窟の壁画を思わせる無垢(むく)の美しさを見るだろう。実際、日本のみならず、アジア、アフリカ、中米など世界を回ってダイナミックな壁画を描いてきた。絵という世界の共通言語をつかい「幸せ」を振りまくアーティストに聞いた。(聞き手 編集委員・正木利和)

■世界を回って描く

 ドアを開けたら、狭い急勾配の階段があった。「気をつけてあがってくださいね」。名古屋郊外の住宅街にある、昭和に建てられた古い家。その2階が彼女の住居兼アトリエだ。

 「ちょっと、これ見てください」と、広い部屋に通された。「もともと押し入れだったところを改造したのです」。そこには、ユニットバスシャワーがすっぽり入っている。笑いながら言った。「たまに銭湯に行きますけど、ふだんはこれで十分」。家賃は月2万5千円。「家にもあまりいないですし。当分、かわるつもりはないんです」

 確かに彼女のような「風来坊」にとって、家賃が安いにこしたことはない。昨年7月、アフリカの小学校に壁画を描き終えて帰国したばかりの彼女にインタビューした。以来、1年ぶりに会ったのだが、その間、8月には兵庫・西脇市で壁画を描き、10月には大阪・難波で作品制作、さらに東大阪の歯科医院の壁画を描いている。

 ことしに入って、1月にはノーベル賞を受賞した天野浩氏の名古屋大学の研究施設で壁画を制作。2月にタイに渡って、3月は京都のホテルの部屋一面に絵を描いている。さらに4月富山・高岡、5月には中国・深せん、マニラに渡り、半日帰国したあとすぐにメキシコに渡って孤児院、6月には徳島の精神科の病院で壁画制作を行ってきた。

ことし5月、メキシコのサン・クリストバル・デ・ラス・カサスの孤児院で壁画を描いたときに子供たちと(本人提供)
ことし5月、メキシコのサン・クリストバル・デ・ラス・カサスの孤児院で壁画を描いたときに子供たちと(本人提供)
その他の写真を見る(2/7枚)

 こんな風に、家に落ち着くひまなどないほどの忙しさ。しかし、これほどの売れっ子でありながら実入りのほうは、といえば思ったほどでもないようで、「おカネをためて旅行代にしているんです」。そういえば、昨年のアフリカにいくときも交通費持ち出し。今回のメキシコも、4年前の旅行で仲良くなった家族に会いに行くということで旅費は自腹を切ったのだそうである。しかし、その生き方はまぶしい。

壁画を描くのは「わたしなりの社会貢献かな」という河野ルルさん
壁画を描くのは「わたしなりの社会貢献かな」という河野ルルさん
その他の写真を見る(3/7枚)

 彼女の壁画があるところは小学校や孤児院、病院などの子供や社会的に弱い立場の人たちが集う場所が多い。「アートも何もない貧しい国の保育園や孤児院で壁画を描くことで、子供たちに明るくなってもらいたいと思ってるんです」。

 なんのつてもないアフリカへは「壁画を描く場所を提供してください」と手当たり次第、メールを送ったそうだ。絵と同様、やさしさとバイタリティーがバランスよくひとりの女性に同居している。それが、河野ルルというアーティストなのである。

(次ページ)世界ぐるり旅「壁画を描くから無料で泊めてね」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ