PR

ライフ ライフ

人工クレーター「おむすびころりん」と命名 はやぶさ2

探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの上空約500メートルで撮影した表面の人工クレーター。実線で囲まれた部分が、人工クレーターの中心部分となる円形の領域、点線部分がくぼんだ領域(JAXA提供)
探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの上空約500メートルで撮影した表面の人工クレーター。実線で囲まれた部分が、人工クレーターの中心部分となる円形の領域、点線部分がくぼんだ領域(JAXA提供)

 探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の地表に作製した人工クレーターに「おむすびころりんクレーター」の愛称をつけたと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が22日、発表した。

 おとぎ話の「おむすびころりん」にちなんで名付けた。クレーターに隣接するおにぎりのような形の岩が、クレーター内に転がり落ちそうな様子から考えたという。

 はやぶさ2は7月に2回目の着地に成功。クレーターを作製した際に掘り出された地下の物質を採取できたとみられる。今後は東北大などが開発した小型ロボット「ミネルバ2-2」を9月下旬から10月中旬ごろ地表へ投下する見込みだ。

 クレーターの周辺にある2つの岩についても、チームの故人にちなんで「イイジマ岩」「オカモト岩」と名付けた。

 JAXA元助教の飯島祐一さんは、クレーター作製前に分離した観測用カメラの開発に尽力したが、平成24年に死去。元研究員の岡本千里さんは物質採取装置開発の中心メンバーだったが、昨年7月に死去した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ