PR

ライフ ライフ

気をつけて、台所での熱中症 炎天下と同じくらい危険!

「照り焼きなすの温玉のっけ」をすすめる料理研究家の河瀬璃菜さん(三尾郁恵撮影)
「照り焼きなすの温玉のっけ」をすすめる料理研究家の河瀬璃菜さん(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 暑さもひと段落するとされる二十四節気の「処暑」にあたる23日はもうすぐだが、まだまだ残暑は厳しそうだ。日差しを浴びる屋外はもちろんだが、意外なところで気をつけたいのはキッチンでの熱中症。専門家によると、火を使って調理した場合、「炎天下にいるのと同じくらい危険」という。「手抜き」ではなく、電子レンジを上手に活用するなどして、無理せずこの季節を乗り切りたい。(小林佳恵)

湯気で湿度も上昇

 夏らしい食べ物といえば、そうめん。東京都市大の永野秀明准教授(環境工学)はガスコンロと電子レンジそれぞれを使ってそうめんをゆで、温度などを比較する実験を行った。

 ガスコンロの場合、調理している人の周りの温度は最高で65度。顔の皮膚の表面温度は37度以上、火に近い腹部の衣服の表面温度は60度以上にまで達した。

 「炎天下にいるような数字。腹部の衣服の表面温度に関しては、炎天下の駐車場に止められた車のダッシュボードと同じくらい。湯気で湿度も上がり、長時間とどまるのは危険だ」と分析する。

その他の写真を見る(2/3枚)

 一方で、電子レンジの場合、周囲の温度などはほとんど変わらない上、8分以上の時短にもなった。

 日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトの曽根美幸プロジェクトリーダーも、台所での熱中症の危険性を指摘する。

 曽根プロジェクトリーダーは、調理中は換気扇を回す▽エアコンで室温を調節する▽火を使う調理を電子レンジでの加熱に置き換えるなど調理方法や器具を工夫する-といった対策を呼びかけている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ