PR

ライフ ライフ

女性経営企業支援で「日本精機」が関西初認証 米国系多国籍企業から受注へ

女性経営者の企業から受注する取り組み「ウィコネクトインターナショナル」に大阪で初めて選ばれた日本精機の代表取締役、高橋祐子さん=大阪市生野区(南雲都撮影)
女性経営者の企業から受注する取り組み「ウィコネクトインターナショナル」に大阪で初めて選ばれた日本精機の代表取締役、高橋祐子さん=大阪市生野区(南雲都撮影)

 女性が経営する企業を認証し、多国籍企業から発注を受けられるようにして成長を促す米国の非営利団体「ウィコネクトインターナショナル」が6月、車のエンジンバルブを製造する「日本精機」(大阪市生野区)を関西で初めて認証した。今後、同社はエクソンモービルやボーイングなどのメンバー企業90社と取引するチャンスがある。高橋祐子社長(59)は「同じように認証を受けた世界中の女性経営者と連携することも、大きな力になる」と話している。

 同団体は2009年、米国で誕生。世界46カ国で女性企業の認証を進めており、国内では日本精機を含め5社が認証されている。女性が経営者だったり、51%以上の株式を所有するなどしている企業で、専門の査定人が経営実態などを審査する。

 日本精機は昭和24年に創業し、「ドクロ」のブランド名で、海外で使われる中古車の修理用エンジンバルブを製造。エンジンバルブは空気の弁の役割を果たし、車を動かすエンジンの要となる部品で中南米を中心に、中近東や東南アジアなど世界約60カ国から年間360万本を受注、輸出している。従業員数は48人で、平成30年度の売上高は6億5800万円にのぼる。

 高橋社長は先代社長の三女。30代前半で営業部長になり、12年に社長に就任した。「壊れても補修部品があることが、日本車全体への信頼につながっている」というのが信念だ。

 自動車業界は男性経営者がほとんどで、社長に就任した直後には同業者から「女性社長では、会社はつぶれる」などと陰口を言われたことも。だが、在庫管理や営業サポートなどを担う女性らの精鋭部隊「ドクロサポートチーム」を作るなどしてリーダーシップを発揮。同チームに自らが海外へ営業に行く際のバックアップや在庫管理など裏方のすべてを任せた。また、商品に「MADE IN JAPAN」(日本製)と刻印するなどし、業績を上げてきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ