PR

ライフ ライフ

【就活リサーチ】社員研修には好印象 留学生が見た日本企業

 来春日本の大学・大学院を卒業、修了予定の外国人留学生に、就職活動状況や職業観を調査しました。日本企業にどのようなイメージを持っているのかを尋ねました。

 最も多かったのが「社員研修が充実している」(78・1%)です。「新入社員研修が非常に手厚いので安心できる」「専門知識がなくても研修などで学べる機会が多い」といった声があがりました。スキルよりもポテンシャルが重視される「新卒一括採用」ならではの手厚い研修に、「人を育てる意識が高い」と、好印象を持つ外国人留学生は少なくありません。

 2番目は「高い日本語力が求められる」です。就活でも日本人と同じ選考基準で判断されることが多く、入社後にも同様に高い日本語力が必要なイメージがあるのでしょう。「日本人と同じようにエントリーシートや筆記試験などを求められ、本当の能力をアピールできないまま落とされてしまう」と、悩む留学生も少なくありません。

 実際に、7月1日時点の内定率は、日本人学生が8割超(84%)に対し、外国人留学生は約4割(40・6%)と、半分程度にとどまります。また、多くの留学生は、ある程度高い日本語力を有していますが、「表現が直接的じゃないので、本当の目的がはっきりわからず、日本人とのコミュニケーションは難しい」など、意思疎通に不安を感じる人も多いようです。

 3番目は「長時間労働」です。多くの日本企業で働き方改革が進められていますが、長時間労働のイメージが依然として高いのが実態です。「仕事に対する態度が真面目というイメージはありますが、必要以上の残業が多い印象は拭えません」「細かいことにこだわり、効率性が低い」「上司が帰らないと部下が帰れない」など、不必要な残業が多いイメージもあるようです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ