PR

ライフ ライフ

常磐道あおり運転で指名手配の男、大阪で逮捕 

大阪市内で警察官に囲まれる、宮崎文夫容疑者(ベージュの帽子)=18日午前、大阪市東住吉区(近隣住民提供)
大阪市内で警察官に囲まれる、宮崎文夫容疑者(ベージュの帽子)=18日午前、大阪市東住吉区(近隣住民提供)

 茨城県守谷市の常磐自動車道で、男性があおり運転された上に暴行された事件で、県警は18日、傷害容疑で逮捕状を取り全国に指名手配していた住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)を大阪市内で逮捕した。

 捜査関係者によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市の常磐道上り線で白の乗用車を運転し、茨城県阿見町の男性会社員(24)が運転する車に後方から接近。前方に回り込んで停車させた上、乗用車を降りて男性の車に迫り、男性を「殺すぞ」などと脅迫して顔を数発殴り、けがを負わせた疑いが持たれている。

 被害男性の車のドライブレコーダーが一部始終を捉えていた。宮崎容疑者の車に同乗していた女も一緒に降車し、携帯電話で状況を撮影するなどしており、県警は女についても捜査を進めている。

 宮崎容疑者は男性にあおり運転したほかにも、7月23日に静岡県内や愛知県内で同様の行為を繰り返していたとみられ、両県警も捜査を進めている。

 関係者によると、宮崎容疑者が使用していた白の乗用車は横浜市内のディーラーが修理の代車として7月21日に3日間の約束で貸していたものだった。しかし宮崎容疑者は「気に入ったので買うつもりだ」「仕事の都合で時間がかかる」などと応じなかったという。

 ただ、茨城の事件翌日の8月11日、代理人が乗用車を返却してきた。県警は15日、この乗用車を押収。ディーラー側の貸し出し時の記録などから宮崎容疑者の身元を特定するとともにドライブレコーダーの映像分析を進めるなどしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ