PR

ライフ ライフ

18日もUターン混雑 新幹線や空の便

Uターンラッシュで混雑するJR新大阪駅東海道新幹線上りホーム=17日午前(沢野貴信撮影)
Uターンラッシュで混雑するJR新大阪駅東海道新幹線上りホーム=17日午前(沢野貴信撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 夏休みのUターンラッシュで17日、新幹線や空の便、高速道路の上りが混雑した。台風10号接近に伴い山陽新幹線が15日に計画運休した影響で、日程変更した人も多かったとみられる。混雑は18日も続く見通し。

 JR各社によると、上りの自由席乗車率は、山形新幹線つばさ140号が山形駅で140%、東北新幹線やまびこ48号が仙台駅で130%となった。山陽新幹線は、のぞみ20号と32号が岡山駅で130%に達した。

 東海道新幹線は17日に激しい混雑は見られず、18日は午後の指定席がほぼ満席となっている。

 日航と全日空によると、国内各地から羽田に向かう便はほぼ満席。海外からの帰国は18日がピークと見込まれている。

 日本道路交通情報センターによると、高速道路の上り線は17日午後5時現在、関越自動車道の高坂サービスエリア(埼玉)付近で21キロ、名神高速道路の草津ジャンクション(滋賀)付近で19キロの渋滞となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ