PR

ライフ ライフ

かんぴょう加工品、続々と 生産量日本一の栃木

販売されているかんぴょうを使った加工品
販売されているかんぴょうを使った加工品

 栃木県で、生産量日本一を誇るかんぴょうを使ったハンバーガーや菓子といった加工品の開発が相次いでいる。

 かんぴょうは、江戸時代の大名鳥居忠英が現在の栃木県に国替えになった際、種を持ち込んだのが県内での生産の契機とされる。

 乾物として出荷されているほか、かんぴょう入りカレーや、粉末を混ぜたうどん、中華麺などの加工品としても販売。新商品の開発も盛んで、8月上旬には、焼き菓子も登場した。

 県内で最も生産量が多く、「生産日本一」をPRする下野市の道の駅では、酢やトマトソースで味付けしたかんぴょうを、鳥つくねとともにパンで挟んだ「かんぴょうバーガー」が人気という。

 後継者不足など課題もあるが、市の担当者は「生産者支援と情報発信の強化に努め、消費拡大につなげたい」と意気込んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ