PR

ライフ ライフ

いじめ、主原因と断定せず 北九州高2自殺の再調査

 平成29年4月に北九州市の私立高2年だった女子生徒=当時(16)=が自殺した問題で、再調査していた福岡県の第三者委員会は16日、「いじめが自殺の主な原因とは断定できない」とする報告書を公表した。一方で友人関係のトラブルが何らかの影響を与えたとの認識を示した。

 学校の第三者委は昨年6月、複数の女子生徒から3件のいじめがあったとした上で、自殺との明確な因果関係はないとする報告書を公表。納得できない生徒の両親は県に再調査を求めていた。

 再調査の報告書では3件に加え、生徒同士の言い合いなど2件を新たにいじめと認定する一方、担任教諭との個人面談で相談の大半は家庭問題や部活動のことだったとした。

 第三者委の委員長を務めた田辺宜克弁護士は「自殺は複合的な要因によるもので、いじめによって選択したとまでは認められなかった。再発防止につなげることが大事だ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ