PR

ライフ ライフ

不発弾、空襲の記憶(下)燃える町、爆風…壮絶な光景

東京大空襲で逃げた道筋を説明する二瓶治代さん=立川市(吉沢智美撮影)
東京大空襲で逃げた道筋を説明する二瓶治代さん=立川市(吉沢智美撮影)

 東京都江東区を襲った昭和20年3月10日の大空襲。不発弾をきっかけに始めた取材で、二瓶治代さん(83)は凄絶な体験を25歳の記者に語ってくれた。

×    ×

 「みんな出ろ! 蒸し焼きになるぞ!」。父親に呼ばれて防空壕(ごう)を出ると、自宅前の千葉街道(現・京葉道路)は渦を巻くように火の川となり、北西の風で火の粉が横向きに飛んできた。何とか火の川を横切り、自宅向いの土手にたどり着いた二瓶さん家族4人は、そこから自宅や町並が燃えていく様子を見ているしかなかった。駆けつけた消防団、転んだ子供も火にのまれていった。

 土手にも火が回り始め、千葉街道から亀戸駅の方へと逃げた。4人で手をつなぎながら走っていたが、二瓶さんの防空頭巾に火が付いた。父親が「頭巾を取れ!」と叫び、つないだ手を離し頭巾を取ろうとした。すると強風で若草色の頭巾が空へ飛ばされ、二瓶さん自身も吹き飛ばされた。

 そこからは「無我夢中で逃げた」という。たどり着いた建物の陰で、人が立ったまま燃えていた。「消してあげなきゃ」と近づくと、ふいに左手を出してきた。「『来るな』か『助けて』かは分からない。ただ左手から緑色の炎が出ていて、振り袖のようにとてもきれいだと思った」

 その炎を自分の手で払ってあげようとすると、後ろから「あんた、そんなところに行くと死んじゃうよ!」という声が聞こえ、弾かれるようにその場を離れた。その際、鉄の電柱にぶつかり「熱いと思ったのはそのときが初めてだった。熱さではっと、はぐれたことに気がついた」という。

 「どうしよう」と思ったとき、いきなり右腕をつかんだ人がいた。「お父さんなの?」と何度も問いかけたが、爆風や炸裂(さくれつ)音で返事は聞こえなかった。腕を引かれながら逃げていると、「なぜか急に動けなくなって、しゃがみ込んでしまった」。二瓶さんはそのまま意識を失った。

×    ×

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ