PR

ライフ ライフ

あいちトリエンナーレ 米報道機関が出品取り下げ 不自由展中止影響か

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、中止となった企画展「表現の不自由展・その後」とは別の展示に参加する米国の報道機関が、出品の取り下げを要請し、10日から展示が休止されていることが14日、芸術祭実行委員会への取材で分かった。

 不自由展中止を巡っては、韓国人作家2人が抗議として出品を取り下げ、展示が取りやめとなった。実行委は今回の要請理由について「確認中。(不自由展中止への)抗議の意図があるかは不明」と説明。再開に向け、報道機関側と展示方法などを協議しているとした。

 実行委によると、要請したのは、独自取材によるスクープを演劇や映像で発信する米国の非営利報道機関「CIR(調査報道センター)」。芸術祭では、独房に収監された未成年の実態を伝える映像作品など計6点を展示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ