PR

ライフ ライフ

日本に息づくライト建築 自由学園「明日館」

幾何学模様が優雅なホールの大窓。ライトは、限られた予算のなかでも意匠を凝らすことにこだわった=東京都豊島区
幾何学模様が優雅なホールの大窓。ライトは、限られた予算のなかでも意匠を凝らすことにこだわった=東京都豊島区
その他の写真を見る(1/2枚)

 先月、グッゲンハイム美術館(米ニューヨーク)など8作品の世界文化遺産登録が決まった米建築家フランク・ロイド・ライトは、日本と縁が深かった。「近代建築の三大巨匠」の一人で、多作だったが、出身の米国以外で作品が現存しているのは日本だけだ。

 東京・西池袋の喧噪(けんそう)から離れた住宅街に、自由学園「明日(みょうにち)館」がある。大正10(1921)年にジャーナリストの羽仁吉一、もと子夫妻が創立した女学校の校舎を、帝国ホテル設計のために来日していたライトが手がけたものだ。

 建物の“顔”である大窓を持つホールを中心に左右対称で、屋根は低く、コの字形の校舎が青芝の前庭を抱くように軒を延ばす。「プレーリースタイル(草原様式)」と呼ばれる、ライトの初期を代表する作風だ。

 明日館の広報、吉川紗恵さんは「左右対称、水平線を強調した造りはシカゴ万博(1893年)の日本館『鳳凰(ほうおう)殿』を見て着想を得たとも言われています」と話す。

ライトの日本での代表作、旧帝国ホテル。現在は解体され、玄関部分が愛知県に移築されている=昭和42年、東京都千代田区
ライトの日本での代表作、旧帝国ホテル。現在は解体され、玄関部分が愛知県に移築されている=昭和42年、東京都千代田区
その他の写真を見る(2/2枚)

 生徒数が増えたため学園は移転したが、明日館は一般に開放され、結婚式や催し物などでいつもにぎやかだ。「100年前の設計にもかかわらず違和感なく使われているのを見ると、改めてライトは偉大な建築家だと思います」と吉川さん。

 世紀の時を超えて、今も現役の建築として息づいている。(写真報道局 松本健吾)

 動画は「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ